新参者向け野球ベッティングガイド

プロ野球 賭け

サッカーやバスケットボールで賭けをしていたベッターが野球に切り替える時には混乱してしまうことがあります。ポイントスプレッドはどこ?ピッチャーをリストしたいのかってどういう意味?トータルベットが返金されたのはなぜ?ここで野球ベッティングについて紹介して行きます。

賭けのタイプ

マネーライン

これは最も一般的な野球ベットで、単純なものです。ベッターは試合に勝つチームに賭けます。ポイントスプレッドは関係ありませんが、ベッターは各チームのオッズ(マネーライン価格)に注意しなければなりません。スプレッドに対する通常の$110ベットでは$100払いますが、-200の本命に$110賭けるとたったの$55の支払いになります。同様に、+200の負けそうなチームに$110賭けると$100ではなく$220支払われます。

トータル

一般的に「オーバー/アンダー」とも呼ばれ、ベッターは、試合の両チームの併せた得点が予定の合計よりも上なのか、下なのかということに賭けます。

トータルベットのオッズも両サイドで普通は-110ですが、オーバーかアンダー「本命」なら、価格は-120で、対戦側は+100(または-125と+105)ということがよくあります。

ランライン

野球のスプレッドベッティングと対照的なバージョンでは、ベッターは本命に1.5点を賭けるか、負けそうなチームに1.5点入れるかのいずれかを賭けます。1点以上で勝つことはありそうもないので、1.5点を賭けると普通は「プラスマネー」価格となり、一方で負けそうなチームに1.5点入れるということは、普通はベッターが価格を賭けなければなりません。

最初の5イニング

サッカーやバスケットボールの「ファーストハーフ」ベット版では、ベッターはどちらのチームが5イニング後にリードしているかということ、または試合が最初の5イニングの合計で上なのか下なのかということに賭けます。

一般的な他のゲームベット

チームトータル:オーバー/アンダーベットは、試合の1チームだけに対する賭けです。例えば、マーリンズ対メッツの試合は8点ですが、ベッターはマーリンズに3.5点のオーバーかアンダー、メッツに4.5点のオーバーかアンダーに賭けることもできます。オッズは、片側は-110になることがありますが、普通はどちらかに重点が置かれます。

オルタネートランライン:この場合には、大きめのペイアウトの可能性があるので、負けそうなチームが-1.5点をカバーしなければなりません。例えば、マネーラインでメッツに対してマーリンズが+180の負けそうなチームだとします。ですが-1.5点をカバーするために+300です。大きめの価格を置きたいベッターは、本命の+1.5点を入れることもできます。この場合には、メッツはマネーラインで-200ですが、+1.5点で-360です。Circa Sportsは今シーズン-2.5点のランラインを提供しています。そのため、ベッターが、ドジャースがナショナルズに勝てると思うなら、マネーラインの-150の代わりにロサンゼルスに-220の-2.5点で賭けることができます。

プレーヤープロップベット:一部のスポーツブックは特定の試合で特定のプレーヤーに対する賭けを提供しています。例えば、パドレスのマニー・マチャドがレンジャーズ相手にホームランを打つか(打たない -370 / 打つ +280)? ナショナルズのピッチャーであるマックス・シャーザーはドジャース相手に8.5個以上/以下の三振を取るか(以下 -130 / 以上 +100)?という賭けです。

フューチャー

シーズン中のベットは、アメリカンリーグやナショナルリーグ、その地区のいずれでも、ワールドシリーズにチームが勝つまで利用できます。オッズはシーズン全体で変動しますが、ベッターは賭けをする時にいつでも価格をロックします。

日本の一部のスポーツブック(賭けっ子リンリン, William Hill)はメニューを拡大して、MVP、Cy Young、年間新人賞のほか、さまざまな統計(ホームラン、打点、投手勝利数など)におけるメジャーリーグリーダーなどが含まれます。繰り返しますが、オッズはシーズン全体で変動しますが、ベッターは賭けをする時にはいつでも価格をロックします。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *